ページ内を移動するためのリンクです。

保護者会

大阪青凌中学校・高等学校保護者会の紹介

大阪青凌中学校・高等学校保護者会活動はたいへん活発です。 保護者会は、学校の教育活動に協力し、生徒の学習環境の向上を支援しているのですが、それだけではなく、保護者同士のネットワークづくりにも重要な役割を果 たしています。 図書・広報といった委員会活動や、喫茶・バザーなどを学年単位で分担する青凌祭(文化祭・文化発表会)への参加、社会見学・体験学習をかねての保護者交流会、 外部講師を招いての講演会、青凌の先生達との懇談会、私学保護連活動への参加等多岐にわたっています。 同好のメンバーが集うコーラス部(愛称・ブリランテ、平成3年発足)や文化部(平成6年発足)の活動と発表は、年々その内容を充実させています。

  • 保護者会、活動の様子1
  • 保護者会、活動の様子2
  • 保護者会、活動の様子3

青友会の紹介

青友会が発足したのは、平成3年(1991年)3月でした。 大阪青凌中学校・高等学校の保護者を会員として組織し、会員相互の親睦と大阪青凌中学校・高等学校への支援を目的として結成されたのですが、その当時まだ卒業生の年齢も若く、同窓会も十分に機能していなかったこともあって、それを補完する意味合いもあったようです。

これまでの主な活動としては、毎年の高等学校卒業生への記念品贈呈(証明書丸筒)や青凌祭への出店参加(焼鳥屋さん、植木屋さん、抹茶と和菓子の店など)、会員相互の交流をはかる社会見学や懇親会の実施などに加え、外部講師を招いての教育講演会の開催などがあります。 現在会員数は777名にのぼります。今後も大阪青凌中学校・高等学校のよき応援団としてあり続けることでしょう。

大阪青凌高等学校同窓会の紹介

大阪青凌高等学校同窓会は、平成5年(1993年)10月に第1回総会を開催し、第1期生の卒業後7年歳月を経て活動の緒につきました。その時に会の名称も「青朋楽思会」と決定しました。 同窓会活動は未だ本格化しているとは言えませんが、平成19年(2007年)3月に卒業した高校22期生を迎えて卒業生総数3390余名の会員数となりました。 今後、卒業生の保護者の会である青友会と連携をはかりながら、学校の発展に寄与していくことでしょう。

  • 教育方針
  • キャンパス
  • スクールライフ
  • 生徒募集
  • 進路について
  • 青雲・凌雲
    • 年間スケジュール
    • 臨時休校の条件
    • 教員採用
  • お電話でのお問い合せ